Tag Archives: Ruby

最新技術で開発したい技術者向けのruby

これまでのコンピューター開発の歴史の中で、数々のプログラミング言語が登場してきました。古い歴史を持つプログラミング言語が、現代においても現役である事が多いです。また一方で、最先端の技術を導入して開発されたプログラミング言語もあります。

これら開発言語の中で、rubyは、最新技術を積極的に取り入れているのが特徴です。そのため、新しいもの好きな開発者に向いています。最新の開発技術を学ぶ教材としても、この言語は有用です。効率よく開発するためのノウハウが多く取り入れられていて、従来のプログラミング言語よりも短時間での開発を可能にします。

一方で、従来の古いプログラミング言語を開発で使いこなしてきた人にとって、rubyを使って開発するには、新たな開発テクニックを身につける必要があるでしょう。この言語で用いられているような、従来の言語にない最新の機能について、改めて修得する必要があります。しかし、新しい開発技術の手法を身に付ける効果は高くまた勉強しやすいため、短時間でのスキル修得が可能でしょう。

これからさらに、コンピューターの歴史の中で、新たなプログラム言語は登場し続けます。その歴史の一つとして、rubyは優れた機能を持ったプログラミング言語として、修得する価値があります。これからエンジニアになるためプログラミングを勉強したいという人は、まずはこの言語から、プログラムの基本的ノウハウから最新技術に至るまでトータルで学べます。

rubyを使いこなすエンジニア人材の需要

ネット業界での求人案件を見てみると、案件数が増えているのがプログラミングエンジニアの募集です。ウェブデザイナーやイラストレーターだけでなく、インターネット向けのプログラム言語を理解している技術者が求められています。

ネットサービスのためのプログラム言語は、シンプルさが重視される傾向にあります。そのため、スクリプト言語も開発ではよく用いられます。インターネットに適したスクリプト言語が、これまで数多く登場してきました。その中で、日本発のスクリプト言語として人気を集めているのがrubyです。簡潔でありながらも高い生産性を持つこの言語は、これまで多くのネットサービスの開発に用いられてきた実績があります。

そのため、ネットサービス開発の人材を求めるエンジニア求人案件においても、採用の条件としてrubyを修得しているかどうかを重視するものがあります。インターネット業界で、プログラマーとして仕事をするなら、このスクリプト言語を使いこなせるかどうかが重要です。ネットサービス開発で役立つ人材として認められるよう、rubyはいつでも仕事で使える訓練を積んでおいて損はありません。

またこのスクリプト言語はシンプルで分かりやすいため、修得にそれほど時間がかからないのも、魅力の一つです。これからインターネット業界でプログラマーとして活躍を目指す人も、手始めにまずはこのスクリプト言語から学習を始めるのが有効です。初心者からベテランまで使い勝手のいいスクリプト言語です。rubyについての魅力は「色とりどりエンジニア」に詳しく載っています。将来的に身につけておいて損がない言語ですので、情報集めのひとつにどうぞ!

開発の忙しさ解消に一役買うrubyの効果

プログラミングによる開発の仕事は、時として徹夜になる事もあります。その多くは、開発がスケジュール通りに上手くいかないためです。思わぬトラブルが発生し、開発計画が遅延するのが原因の一つです。

一筋縄でいかないプログラミングの仕事では、ミスを防ぐための心掛けが、開発をスムーズに進める重要なポイントです。その点でrubyは、開発の遅延による仕事の忙しさを解消するため、手掛かりになる可能性を秘めています。rubyが開発エンジニアたちから人気を集めている理由として、簡潔で生産性が高い点にあります。分かりやすさを重視しているため、複雑なプログラムを簡潔にし、ミスを防ぐ点で有利です。また生産性が高いため少ない労力で大きな結果が出せるのも魅力です。

これまで開発で忙しく働いてきたプログラマーも、この言語を活用してこの問題の解消に手掛かりがつかめます。基本的なプログラミング手法さえ既に修得しているなら、rubyの新たな勉強も比較的簡単です。このスクリプト言語の仕様やコーディングの作法を覚えることで、すぐにでも次の開発業務で活用できます。

特にこのスクリプト言語は、ネットサービス開発に有利な特徴を持ちます。ネットサービス開発の分野で働いているプログラマーにとって、修得するメリットが大きいです。忙しかった開発の仕事に余裕が出てくれば、より品質の良いプログラミングを目指したりさらなるキャリアアップを目指したりと余裕が出てきます。

rubyエンジニアに求められる技術と知識

Web開発用のフレームワークといえばいくつかありますが、エンジニアとしての需要が急速に高まっているのがruby on railsの開発者です。その理由としては、この言語が他の言語よりも効率的に開発できる点が挙げられます。

また需要の高さに比例して報酬も高く設定されているようです。以上の点だけを見れば、この言語のスキルだけを習得すれば素晴らしいエンジニアライフを送れそうな気がしますが、実際はそれほど簡単ではありません。まず第一にrubyでの開発ではコーディングだけでなく、デザイン設計やデータベース設計も行う必要があること、第二にクライアントの要件に合わせて他の言語スキルも求められていること、第三に比較的新しい言語である為、プラグインや定型化された実装法などの共有できる情報が少ないことなどの点があり、この言語での開発はそれほど容易ではありません。

ではこの言語では、どのような知識と技術は必要とされているのでしょうか。それはこのフレームワークが効率化の為に見えなくしているHTMLやjavascriptの機能といった基本概念や基礎知識の部分であり、この言語のスキルだけではカバーできないWebアプリケーションの基本原理の理解や、データベースの基礎知識の応用力などが必要となってきます。そして、これらの力が上記のリスクに対応するセキュリティ対策の独自パッチの適用や、要求を満たした設計・実装などに生きてくるのです。

この様にこれからエンジニアとしてこの言語の習得を考えている方は、この言語のスキルだけでなく、Web開発の基本原理やデータベースの基礎知識の習得も考慮しておく必要があります。